COL Financial(フィリピンの証券会社)について -口座概要・商品・手数料などー

COL Financial, フィリピン株海外口座開設, COL Financial

スポンサーリンク

この本に触発されてフィリピン株への興味を持った私は、どうやったらフィリピン株へアクセスできるか調べました。

詳細はちらの記事を参照してください。

 

私はお得意の現地口座開設を決意し、COL Financialに口座開設をおこないました。

 

今回は、COL Financialの取扱商品・手数料について紹介します。

 

COL Financial

COL Financialは、フィリピンのオンライン証券会社です。

フィリピンに上場している会社全てに投資が可能です。COL Financialも上場しています。

2008年には、フィリピン証券取引所(PSE:Philippine Stock Exchange)より、証券会社ランキング第1位を獲得しています。

 

口座・取引環境

口座タイプ

COL Financialホームページ

私は、真ん中の「COL Plus」を開設しました。というか、何も言わなくてもCOL Plusになっていましたw

「COL Premium」はRelationship Managerがついてくれるだけですが、海外に住んでいる我々にはそんなに関係ないかと思います。

 

信用取引(Margin)

信用取引(Margin)も可能です。

信用取引の条件 200,000PHP以上の資産があること
信用取引利息 1ヶ月毎に1.5% or  年率18%

※50,000PHP以上を維持しなければ、Margin accountは維持できない。

 

信用取引を行うには申請が必要です。

COL Account w/ Margin」を開設しなければなりません。

用紙に記入して、フィリピンへ郵送という作業が必要となります。

 

信用取引は、対象の銘柄が決まっています。


COL Margin

 

取引プラットフォーム

WEBブラウザでの取引となります。

スマホ用のアプリはありません。

チャートの機能は結構いいです。

 

取扱い商品手数料

口座維持費

無料

 

PSE上場株式取引手数料・税など

PSE(Philippine Stock Exchange)に上場している銘柄にアクセス可能。

現物取引、信用取引があります。

手数料 内訳 対象
取引手数料 Commission オンライン取引:0.25%
(最低20 PHP)Broker Assisted:5%
取引金額合計額
Value Added Tax(VAT) 12% 取引手数料
PSE Transaction Fee 0.005% 取引合計金額
Securities Clearing Corporation of The Philippines Fee(SCCP) 0.01% 取引合計金額
売却時に係る追加手数料
売却税 Sales Tax 株数 × 値段 × 0.006

※PSE:Philippine Stock Exchange フィリピン証券取引所

 

結局、株式購入時にトータルでどのくらいの手数料がかかるかというと、

0.25% + (0.25% × 12/100) + 0.005% +0.01% = 0.295%

(※ただし、8,000PHP以上、大まかに16,000円以上の株式を購入する場合。)

 

信用取引(Margin Trading)の利息

信用取引利息 1.5%(月ごとに)
または、年率18%

月末に徴収されます。

 

EIP -Easy Investment Plan-

COL Financial -Easy Investment Plan

必要口座:COL EIP account COL Financialの口座を開くと、だれでも利用可。
最低必要金額 5,000PHP
手数料 通常の株式と同様の手数料

 

ドルコスト平均法で積み立てるプランです。「Peso-Cost Averaging」と書いてあります。

HSBC香港の「Stocks Monthly Investment Plan;SMIP」と似ていますね。

ただ、購入手数料は通常の株式と同様にかかりますので、手数料負けしない程度の額は必要となります。株式購入手数料の最低が20PHPなので、8,000PHP以上(1ヶ月に)積み立てると手数料負けはしません。

 

Mutual Fund(投資信託)

購入時の手数料 現在のところ、全て無料。
売却時の手数料も現在は無料。
早期解約手数料 0~180日以内に解約するとかかる費用。
ファンドによっては即刻解約しても手数料はかからないところもあります。
管理費用 ファンドによって違います。

投資信託も扱っています。アメリカの植民地だったので、「Mutual Fund」というんでしょうね。

イギリス系だと「Unit Trust」といいますよね。

 

入金方法

資金の入金については、こちらの記事を参照してください⇓⇓

 

まとめ

COL Financialはフィリピンのオンライン証券で、日本からでも口座開設が可能です。

手数料も格安で、スタッフの対応もよいので、英語でのトレードが可能な方であれば、どなたでも使いこなせると思います。

フィリピン株に興味を持たれた方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

こちらの本も参考になりますよ☆

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク