HSBC香港への入金方法 ーより安い方法のオススメー

2018-10-7HSBC香港, 海外送金・外貨両替HSBC, 海外送金

スポンサーリンク

HSBC香港の口座を持っている方は、入金方法に困られていると思います。

HSBC香港は海外の金融機関であるため、海外送金をして入金しなければなりません。ただ、少額であれば送金サービスを使って格安・為替手数料ほぼ無料で送金することが可能です。

 

HSBC香港については、こちらの記事を☆

 

海外送金(International Wire Transfer)

香港外の銀行からの送金です。

お金がかかります。やめた方がいいです。

例えば、三菱UFJ銀行の場合(手数料高いので比較対象として)

為替手数料(①)  窓口:1 USDにつき1円
三菱東京UFJダイレクト:1USDにつき25銭
海外送金手数料(④) 窓口:4,000円、4,500円、5,500円
三菱東京UFJダイレクト:3,000円、3,500円
テレビ窓口:3,500円
外貨取扱手数料(⑤)または、円貨送金手数料(⑥) 送金金額の1/20%(最低2,500円)
中継銀行手数料(⑦)  送金先による
受取銀行手数料(⑧)  送金先による

※最新情報は三菱UFJ銀行外為手数料のページを確認してください。

※「○」のついている番号はこちらの記事を参照してください。

 

最低でも、為替手数料+5,500円はかかるということです。

さらにデメリットとして、三菱UFJダイレクト(ネット)では1回100万円まで、窓口で200万円までの送金限度額があることが挙げられます。

 

それをやるぐらいならばInteractive Brokersから出金した方が手数料が安いです。

受取手数料もプレスティアから送るよりもInteractive Brokersから出金した方が安く済みました。

(Interactive Brokersは世界中の銀行に月1回だけ送金手数料無料で出金することができます。その他の中継銀行手数料や受取手数料はかかる場合があります。)

 

Transferwise

これがおすすめです!!

HSBCに送ると、1%以下の手数料のみで、為替手数料も受取手数料もかからずに送金できます。

最高☆

後から述べる、現金の持ちこみとどちらが安いかの比較です。こちらの記事も参考にしてください。

 

World Remit

英語が多少でも出来る方は、問題なく使えます。しかも、デビットカード送金に対応している点でTransferWiseと差別化されています。

1回だけ送金してみましたが、問題なくできました☆

 

World Remitのデメリット?としては、

  • 英語、オランダ語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、デンマーク語しかない。日本語が対応していない。
  • マイナンバーを届ける必要がある(TransferWiseは今のところ届けなくてもOK)。
  • 何を見ても仕組みが分からない(どこからどういう風に送金しているのかが分からない。そこがTransferWiseと違うところ。誰か知っている人は教えてください。)

です。

 

こちらが、同日のTransferWiseとWorld Remitの比較です。

●World Remit

●TransferWise

 

World Remit TransferWise
香港側での受取金額 HKD 50,000
必要な日本円 JPY 731,915.00 JPY 730,948.87
内 送金手数料 JPY 600 JPY 5,270
為替レート JPY 1 = HKD 0.06890
(HKD 1 = 14.514)
JPY 1 = HKD 0.06837
(HKD 1 = 14.626)

送金手数料自体はWorld Remitの方が安いです。

しかし為替手数料でTransferWiseに負けています。

もっと安い額だとこうなります。

World Remit TransferWise
香港側での受取金額 HKD 5,000
必要な日本円 JPY 73,431.00 JPY 73,265.89
内 送金手数料 JPY 300 JPY 698
為替レート JPY 1 = HKD 0.06890
(HKD 1 = 14.514)
JPY 1 = HKD 0.06837
(HKD 1 = 14.626)

やはりTransferWiseには敵いません。が、デビットカードで送金できるので、その分のポイントは考慮する必要があります。

 

窓口での入金

銀行の海外送金より、絶対こちらの方がイイとはおもいます。ただ…

 

詳細はこちらの記事を参照して下さい。

 

また、香港への現金持ち込みは申告が必要な場合もありますのでご注意を。

 

まとめ

結局は、TransferWiseWorld Remit現金の持ちこみ入金(ハンド・キャリー)あたりが一番現実的で一番お金がかからない方法かと思います。

今後、更に新しいサービスが出現するかもしれません。

海外送金方法は、常に敏感になっておいた方がいいですね☆

 

 

まだ、HSBC香港の口座を持っていない方はこちらの記事も参考にしてください

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク