日本からPNB(Philippine National Bank)フィリピン・ナショナルバンク(フィリピンベース)への口座開設 備忘録

2018-9-27PNB (Philippine National Bank)海外口座開設

スポンサーリンク

日本からフィリピンの銀行口座を開設することができます。

私にフィリピン現地妻はいません。フィリピンに行ったことさえありません。

この本を読んで、フィリピン株に興味が出てしまったのです。

 

私はCOL Financialというフィリピンの証券会社に口座開設を行なっており、そこの口座を保つためにフィリピン国内に銀行口座が必要となりました。

COL Financialで必須なのは、Metro Manila内の銀行口座です。本来は銀行口座を作ってから証券口座の開設となりますが、私は交渉して先に証券口座を作ってもらっていました。後から銀行口座情報を登録しますと伝えて。

約束は果たさなければなりませんので、フィリピン国内の銀行口座を開設しました。

 

フィリピン国内の銀行口座開設の現状

実際のところ、

フィリピンに行かないとほぼ無理です。

 

ただ、今回紹介するフィリピン・ナショナル・バンク(PNB; Philippine National Bank)は別です。東京と名古屋に支店があり、そこで口座開設を行うことができます。

フィリピンの3大銀行(BDO、PNB、MetroBank)の一つであり、マニラ内にも無数の支店とATMがあります。フィリピン内の信用度としては高いでしょう

 

「オウンバンク(OWN BANK)」ってよく目にする?

フィリピンに口座を作るにあたり、私もいろいろと考慮しました。

ネットを探していると、「オウンバンク(OWN BANK)」というものもよく出てくると思います。

この銀行では、

フィリピンで普通の金利が1%台なのに、オウンバンクでは8~10%の金利がつきます。

 

PDIC(Philippine Deposit Insurance Corporation)に加入しているので、預金は守られると書いてありますが、これに入っているから安全というわけでもなさそうです。


あくまで個人的な意見ですが、わたしは信用しきれませんでした。

 

新興国の銀行ですし、一番信頼できそうなところに口座開設をする方が絶対にいいと思います。

私は信頼のおけそうなPNBに口座開設をすることにしました。

そう、銀行の口座開設もすべて自己責任ですからね。

 

PNB東京支店にて

ちょっと歩く必要がありますが、すぐにつきます。

 

中に入るとこんな感じなので、口座開設の旨を伝えます。

 

口座の種類

まずは、東京支店の口座なのかフィリピン国内の口座なのかを伝えなければなりません。

事情を説明してフィリピン国内の口座が必要ということを伝えます。

また、フィリピンに不動産などがあればchecking口座(当座)も開設できますが、普通であればsavings口座のみ可能です。

 

必要書類

  • パスポート
  • 本人確認書類(日本の免許証、健康保険証、住民票、住民基本台帳、光熱費の支払明細のいずれか)
  • 10,000ペソ以上の日本円 (2018/2/12 1PHP=2.1JPY:10,000ペソ=約21,000円)30,000円あればよいでしょう。
  • ATMカード郵送料:510円
  • (パスポートサイズ30x24mmの写真2枚:現地で撮ってくれるので必須ではない)
  • (checking口座の場合)不動産の取得証明

 

フィリピン国内の支店を指定

PNBフィリピンのどの支店に口座開設するか聞かれます。

将来checkingも作るかもしれないと伝えるとお勧めの支店を教えてくれますので、そこにしました。アクセスもよさそうです。

 

言語

基本的に日本語が通じますが、あまり喋れない方もいるので英語の方がいい場合もあります。

私は、ルー語で会話していました。

やぶからstick、的な。。。

 

ATMカード(Debit card)・インターネットバンキングで登録

後日、自宅へ郵送となります。

これが届いて、同時期ににPINの書かれた紙も送られるので、それを見てインターネットバンキングで登録作業を行います。

 

この作業は本当に焦りました。カードもPINも届いたので、ネットで登録しようとしても

You have entered an invalid card number.Please check and try again.

などと表示されます。フィリピンのことだから少し遅れて登録すれば可能になると信じて2,3週間ぐらい毎日tryして、やっとのことで登録ができるようになりました。

カードとPINが届いてからインターネット上で登録出来るようになるまでに、かなりの時間差攻撃がありますので、焦らずに待ってください。

 

これで全て完了。

 

分からないことがあればメールで聞ける

分からないことがあれば、メールでPNB東京支店の方に尋ねることができます。

私は店舗に行く数か月前からメールで質問などをしていましたが、本当に親切な方でした。

 

もちろん名古屋支店の方にもメール出来ますよ☆

フィリピンに銀行が必要な方がいれば参考にしてください。

ちなみに私はフィリピンに行ったことはありません。

フィリピンでの投資を行おうと考えている方は参考にしてください☆

 

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク