【米国株】DRIP(株式再投資制度;Dividend Re-Investment Plan)について

【海外口座】総論・その他事項海外口座開設, Firstrade, Interactive Brokers, 米国株, DRIP

スポンサーリンク

 

DRIP」という言葉を、米国投資をしている方であれば聞いたことがあるかもしれません。

米国株投資を行ううえで、配当再投資戦略の方には最高の制度ですので、知らない方は是非読んでみてください☆

 

DRIP(株式再投資制度;Dividend Re-Investment Plan)

Dividend Re-Investment Plan」の頭文字をとったものです。

 

これは配当金として受け取ったものを、自動的に株式買付してくれる制度です。

もちろん、配当額に対して税金は引かれたあとに株式として付与されます。

税金を引かれたあとの額に対しては、日本で申告・納税する義務が生じます。

 

DRIPには、企業に直接申し込むものと、証券会社が提供しているDRIPがあります。

FirstradeのものやInteractive Brokersのものは、証券会社が提供しているものです。我々が使うのは、基本こちらだと思います。

 

今回のDRIPについてはアメリカでのことを述べています。
他国にも同様の制度がある場合があります。マレーシアとか。
すべては知りませんので、ここでは米国株に限ったことを書いています。

 

DRIPとScrip Dividendの違い

DRIP 配当金分だけ、マーケットから株式を購入して付与される
Scrip Dividend 新規発行の株式を付与される

少し意味合いがちがうんですね。

 

メリット・デメリット

メリット

  • 売買手数料無料のことがほとんど
  • 自動的に株を購入⇒自動的に複利運用される
  • 株価に届かない配当金であっても、購入できる(「100.3株」みたいに出来る)
  • 自動的にドルコスト平均法
  • DRIPを利用すると株価がディスカウントされることがある(割り引かれる企業がある)

 

自動的に複利運用できる」ということがすべてだと思います。

 

デメリット

  • 自分で買う時期を選べない(それを言ったらドルコスト平均法にはならない)
  • 企業のDRIPと証券会社のDRIPがあり、いずれの場合も細かい制度が違う
  • 確定申告をしなければならない(それは米国証券会社を使えばほぼ全員)

 

2番目の「証券会社ごとに細かい制度が違う」というところですが、例えばInteractive Brokersでは、すべての株でDRIPを使うか、すべての株でDRIPを使わないという2択です。

Firstradeでは、“銘柄ごと”にDRIPの有無を設定可能です。

DRIPに関してはFirstradeに軍配が上がります。

 

米国株でDRIPをおこなうならば

日本の証券会社は対応していません。

アメリカの証券会社に口座開設を行う必要があります。

私が持っているのは、Interactive Brokers(インタラクティブ・ブローカーズ;IB証券)、Firstrade(ファーストレード)です。

 

基本はこの2つが選択肢となると思います。「Sogo Trade」で開設されている方もいるようです。

Sogo Tradeも手数料は最低で2.88 USD/contract(150株以上の場合)で、高くはないです。オプションも可能です。

 

日本在住で他の証券会社で取引している方がいらっしゃれば、是非教えてください☆

 

 

 

 

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク