Firstrade Securities(ファーストレード証券)について 

Firstrade海外口座開設, Firstrade, 米国株, ACH

スポンサーリンク

Firstrade Securitiesの取扱い商品や手数料、メリット・デメリットについてのまとめです。

口座開設と以前の記事はこちらから

 

2018年8月23日より株式・ETF・オプション・Mutual Fundの売買手数料が無料となりました。

無料化に伴い、アメリカ現地口座の優位性が高くなりました。

 

Firstrade証券

Firstradeは、1985年より運営しているアメリカ(米国)のオンライン証券会社です。

以前から日本人にも人気で、使われていました。

一度、日本人の新規口座開設が停止となったことがありますが、現在は新規口座開設を受け付けています

 

取扱い商品

  • 株式・上場投信(Stocks/ETFs)
  • オプション(Option)
  • 投資信託(Mutual Fund;イギリス風の言い方だと”Unit Trsut”。米国在住でないと購入できない商品もあり)
  • 債券(Fixed Income)
  • 時間外取引(Extended Hours Trading)

 

日本在住の私たちには十分すぎる商品の取り扱いです。米国の上場株式に全てアクセス可能です。

日本の証券会社からは出来ないオプション取引も可能です。

 

手数料

冒頭に書いたように、2018年8月23日よりFirstrade証券での取引手数料が無料となりました。

 

口座維持手数料・凍結口座維持手数料

無料

最低預金額

なし

現物株取引(Stocks・ETFs)

$0

いくら株を買っても手数料は変わりません。

以前は$6.95程度だったものが、$4.95となり、$2.95となり、現在は無料です。

オプション取引(Option Trading)

$0

投資信託(Mutual Funds)

$0

債券など(Fixed Income)

金利による

時間外取引(Extended Hours Trading)

$0

トレーディング・プラットフォーム

The Dashboard(ウェブ・トレーダー)

インターネットでの取引です。直観的にもわかりやすいです☆

 

Quick Bar

こんなバーでも取引できます☆

 

Mobile(スマホ・タブレットアプリ)

これが使いやすいんです!!

スマホでもタブレットでも対応しており、指紋認証(Face ID)でログインできて使い勝手もいい!!

これさえあれば普通に取引できます☆

 

入金方法

Electronic Funding(ACH)

米国ないの金融機関で可能な送金方法。

米国の銀行口座を持っていれば設定できます。

 

Check(小切手)

小切手での入金も可能です。書いて郵送すればOK。

 

Wire Funds(Firstradeの銀行口座へ送金)

BMO Harris Bank

への送金となります。

送金先情報は以下の通り。

Bank Name BMO Harris Bank
Bank Address 111 W Monroe St, Chicago, IL 60603
ABA Number 071000288
Account Name Apex Clearing Corporation
Apex Clearing Address Apex Clearing Address
Account Number 1617711
For Final Credit To: Firstradeの口座番号と自分のFull Name

海外送金についてはこちら

ABA Routing Numberについてはこちら

 

他の証券会社からの株式移管

受け付けています。日本の証券会社から可能かどうかはわかりません。

詳しくはこちらから。

 

メリット・デメリット

メリット

  • 口座維持にお金がかからない
  • 株式の取引手数料が無料
  • リアルタイム株価(Realtime Quotes)が無料
  • DRIP(Dividend Reinvestment Plan;配当再投資制度)が無料でできる
  • 米国の銀行口座があればACH送金が可能。
  • シンプルで使いやすい
  • スマホ用アプリは指紋認証に対応していてセキュリティもOK、しかも使いやすく見やすい
  • 日本人でも使用している人が比較的多いので情報がある
  • 海外赴任・留学となって日本の非居住者となっても、そのまま継続して同じ投資ができる。

 

取引手数料が無料ということは、手数料負けせずに少額から積み立てることが出来る、ということです。

毎月ETFを積み立てるという投資法、少額取引を行うという場合にはもってこいなのです☆

 

デメリット

  • アメリカの銀行口座への入金となる
  • 日本語でのトレードも出来ないし、日本語のサポートもない(英語か中国語)
  • トラブルが起こると自分でメール・電話をして解決しなければならない
  • 本格的にオプション取引をするとなるとInteractive Brokersには及ばない(簡単なオプションなら全く問題ない)
  • 日本ではないので、特定口座に対応していない(多くの場合確定申告が必要)

 

デメリットというデメリットは、言語の問題と、特定口座に対応していないことぐらいです。

米国の銀行口座さえあれば、TransferWiseWorld Remitで資金を格安で移動させて、ACH送金でFirstradeに資金移動が出来ます。

 

最強の組み合わせ

米国の銀行口座  TransferWise  Firstrade

最強といっていいのではないでしょうか。

 

日本の銀行からTransferWiseの日本の口座へ振込(住信SBIネット銀行、楽天銀行、新生銀行などから無料で送金しましょう!)。

TransferWiseでの送金手数料はJPY 100+0.55%のみで、為替手数料はほぼかかりません!!

2018年9月のある時点での送金例を示しておきます。

激安ですね☆

少額であっても送金しておこうという気になります。

 

米国の銀行口座は、MUFGグループのUnion Bankで簡単に作ることが出来ます。条件は、三菱UFJ銀行に口座があること(笑)

私のように、無駄にCitibank USに口座を作りに行ってもいいです。他国にCitibankの口座を持っているなど、一定の条件下でないとオススメはしませんが。

米国口座があればACH送金の設定が出来ます。Firstradeから申し込むだけでACH送金の設定は完了しました。

米国の銀行口座を持つデメリットはただ一つ、最低預金額を下回ると月々の口座維持費を徴収されることです。

Union BankもCitibank US(Checking口座)も同額の USD 1,500 を下回ると維持費をとられるので注意してください。

 

まとめ

米国株投資、オプション取引の素敵な環境が整っています。

必要なのは、多少の英語力と気の持ちようだけです。

Firstradeは一度、日本人の新規口座開設を停止した過去があります。

行動するならば早めに行いましょう!!

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク