【2018年8月1日】iDeCo運用成績 開始6か月

2018-9-3iDeCo運用成績iDeCo

スポンサーリンク

わたしは、2018年3月から楽天証券でiDeCoの積み立てを開始しています。

最初の引き落としが2か月分だったので、実質は2018年2月から毎月23,000円積み立てていることとなります。

運用報告です!

 

私の種別

 

私は、「第2号被保険者」で、勤務先は企業型確定拠出年金を導入していませんので、上記の赤い部分に該当します。

最大23,000円を1か月ごとに積み立てて、年間276,000円を拠出することが出来ます。

(職場は今後転々とするので、今後変わる可能性はありますが)

 

運用成績

積立銘柄 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
毎月のつみたて額 23,000円
(手数料を引くと22,833円)

現在の状況は、

※2018年7月分は反映されていませんので、+22,833円の残高があります。

 

まだまだ始まったばかりなので、何も考えずに積み立てを行っていこうと思います。

 

iDeCoのメリット・デメリット

メリット

  • 掛け金が所得控除される
  • 運用中に得た利益は非課税
  • 年金として受け取る際にも税金の優遇あり

例えば30歳で年収500万円の人、年収1,000万円の人、年収2,000万円の人がいるとして、同じように毎月20,000円の積立を行なったと仮定します。

税率 年間掛け金 1年間で戻ってくる税金 60歳までの合計節税額
年収500万円 20% 24万円 48,000円 1,440,000円
年収1,000万円 33% 24万円 79,200円 2,376,000円
年収2,000万円 40% 24万円 96,000円 3,096,000円

高所得であればあるほど有利な制度です。

運用益も非課税であり、最初から自分の税率分勝った状態での勝負になります。

 

デメリット

  • 原則として60歳まで資産を引き出せない
  • 口座維持費がかかる
  • 元本割れの可能性がある
  • 投資する商品が限られている
  • 転職で企業型から個人型、個人型から企業型へ変わらなければならないときに、強制的に損益確定をしなければならない時がある

何といっても一番大きなデメリットは、流動性が低いということです。

 

詳細は、以下の記事を参考にしてください☆

 

加入していない人はぜひとも活用しましょう

わたしは、楽天証券でiDeCoの積み立てを行っています。

所得が少なく、月々の余裕がない場合は無理にお勧めはできません。毎年頑張る割に、所得控除の率が低く、運用資産の流動性が低いからです。

ただ、少しでも余裕がある場合はぜひとも活用すべきと思います。

 

こちらの記事も参考にしてください☆

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク

2018-9-3iDeCo運用成績iDeCo