日本出国時・香港入国時に多額の現金を持っている場合は申告が必要です

【海外口座】総論・その他事項

スポンサーリンク

夏休みですね。

休みには香港に渡航して現金入金をされる方もいると思いますので、一つ注意点を。

 

香港入国時に12万香港ドル以上は申告が必要

2018年7月16日から、香港に12万HKD以上の現金等(現金,小切手,約束手形,無記名債権,トラベラーズチェック,為替,郵便為替)を持ちこむ場合は申告が必要となります。

申告しなかった場合は50万HKDの罰金・最大2年の懲役が科せられます。

在香港日本国総領事館HP

該当する場合は必ず申告してください。

 

現在、1HKD = 14円程度ですので、

 12万香港ドル = 約168万円(2018年8月現在)

なので、100万円程度ならば申告しなくても問題はありません。

 

日本から100万円以上を持ち出す場合、申告が必要です

100万円以上の現金等を持ち出す場合、日本の出国時に申告が必要です。

以下のものが含まれます。

  • 現金(日本円、外国通貨)
  • 小切手
  • トラベラーズ・チェック、旅行小切手
  • 約束手形
  • 有価証券(株式、国債など)

今回は出国時としていますが、日本入国時も100万円以上の現金等を持ちこむ場合は申告が必要です。

税関HP

いずれの場合も申告すれば問題ないので、該当する場合は必ず申告しましょう。

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク