パソコンを自作してみようと思います

雑記トレード環境

スポンサーリンク

先日、職場に置いているデスクトップ型のパソコンが壊れてしまいました。

非常に快適に使っていたのですが、何をしてもダメでコールセンターに電話して色々試しましたがダメでした。5年という人生に幕を閉じたのです。

 

そこで、新しいパソコンを!!

と、思いたち、年末年始で色々と調べてみました。

 

現在のPC状況

現在の環境

私は今まで3台のパソコンを使用していました。

富士通 ESPRIMO WD1/X
(2016年購入)
小さなデスクトップ型。
下のESPRIMO WD2/Mよりも2年後に買ったのにノロノロで触るたびにイライラするほど。
Intel Core i7-6700T
メモリ:8GB
なのにです。SSDじゃないからかな。とにかく遅い。
職場 富士通 ESPRIMO WD2/M
(2014年購入)
デスクトップ型。
2画面に出力して、一番メインで使用していた。
家のパソコンよりも2年前に買ったのに動きはサクサクで非常に快適に使用していた。⇨先日、ご臨終。
持ち歩き用 Mac Book Pro 2016 13inch 今は持ち歩き用と、職場のパソコンとして使っている。
職場にはモニターを1つ置いて、USBハブで接続。クラムシェルでも利用可能。

ちなみに普段はiPhone XSとiPad Pro 10.5も利用しています。あと、Apple Watch 4も(笑)

だいたいAppleに支配された構成なんですが、パソコンはWindowsがメインです。

 

 

Mac Book Pro 2016で初めてMacを使ってみた!素晴らしいが問題も。。。

※画像はApple HPより

Mac Book Proを買うまではずーっとWindowsしか利用したことがなかったのですが、MBPを買ってからはMacの使いやすさに感心していました。

普段使いだと全く問題ない。

むしろサクサク動いてストレスフリーです☆

 

 

ただ、投資をしようと思ったらやっぱりWindowsじゃないと色々と問題が出てくる。

 

 

各社投資ツールは、基本的にWindowsを想定して作られていることが多いです。

楽天証券のMarketspeedは、Windows版とMac版がありますが、やっぱりWindows版には全くかないません。

 

新しく出たMarketspeedⅡもWindowsのみしか対応していないし。

※画像は楽天証券Marketspeedより

 

ここで、こんな声が聞こえてきます。

Parallels DesktopでMBPにWindowsいれたら使えるじゃん」

BootcampでWindowsいれたらいいじゃん」

 

はい。いまParallels Desktop使ってますが、それでもダメなんです(Bootcampは使ったことないですが)。

どこかで文字化けするんです。

 

ググって一回解決したと思っていたのですが、また文字化けして直らなくなりました。

(解決方法知っている人がいたら教えて欲しいです。MarketspeedもMarketspeedⅡもHyper SBIもです。)

 

また、Parallels Desktopを利用していると、Spotlight SearchAlfredでWindowsのアプリが出てきたりするのがストレスになる。

 

 

それにMacのMicrosoft Excelを利用すると、Windowsではできるような操作ができないことがあります。そして非常にわかりにくい。

ExcelはやっぱりWindowsでやるべきだと思いました。

 

 

 

ということで、普段ネットサーフィンしたり、音楽聴いたり、軽くExcelに入力したりだとかはMacで快適ですが、問題が多い(私が知らないだけかもしれませんが)。

 

そんな思いがあるので、家のパソコンと職場のパソコンはWindowsにしておきたいと思ったのです。

そして、このタイミング(海外保険の払い込みをしてお金がない状況)でパソコンが壊れたのです。

 

来年から時間もできるので家でのトレードができるように環境を整えようと思っています。

株の分析と、FX・先物。

 

 

マルチモニターも考慮して自作PCを

上記にも描きましたが、一番快適に使っていた職場のパソコンが壊れてしまいました。

直そうにも5年前のもので、修理で5万円はくだらないと言われたため諦めました。

 

さて、新しいパソコンを買わなければいけないですね。

 

いろいろみていましたが、結局私のやることとしては以下のことぐらい。

 

  • Microsoft Office系の編集(Word、Excel、Power Point)
  • Filemakerでのデータベース作成
  • 発表のための動画編集(本当に簡単なことしかしない)
  • ネットサーフィン
  • BR(ブルーレイ)を観る
  • 音楽を聴く
  • IB証券のTrader Workstationの利用
  • MarketspeedⅡの利用(日中は見れませんが、家に帰ってからの分析用で)
  • MT4、MT5の利用

 

こんなもんです。

富士通とかNECとかにプリインストールされているソフトなんて、全く必要ありません。

容量の邪魔でしかありませんでした。

 

そこでBTO(パソコン工房やマウスコンピューターなど)を考えました。

トレード用のパソコンも売られていますが、いいお値段が。。。

例えばこれ⬇︎⬇︎

 

やはり人の手が加えられている以上、自分で作った方が価格が安いことに気づきました。

 

今年の3月の引越し後にでもパーツを買って作ってみようと思います。

 

 

なんだかんだ高くはつきますね(笑)

いま、いろいろと部品をみてるんですが、どんどんいいスペックのものが目に入る(笑)

 

今考えていることは、

  • CPUとメモリ容量は妥協しすぎない方がいい
  • メモリは16GB欲しい
  • ゲームはしないので、グラフィックボードは4画面以上にするときに後付けすればいい。最初はオンボードの端子のみでいい気がする。
  • BRドライブは外付けでもいい(重要度は低い)
  • ストーレッジはM.2スロットにSSDをさして、もう一個は2.5インチSSDにでもするか
  • マザーボードはATXサイズのもので、後から追加しやすいように
  • 出来るだけ静音仕様にしたい

 

 

 

 

まだ時間がありますので、悩んでみようと思います。

こんな本も買ってしまいましたし(笑)

物欲の塊ですが、欲張りすぎないよう、後悔しないように選びたいと思います。

 

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆