【注意!!】HSBC香港:スマホ機種変更時のモバイルアプリでの操作方法 (Mobile Security Keyを新しいスマホに移動させる方法)

HSBC香港HSBC

スポンサーリンク

 

先日、iPhone 7からiPhone XSに変更しました。


スマホの機種変更時のことを、私の経験も含めて書いておきます。

 

HSBC香港に口座を持っている方は、Security Codeを利用していると思います。デバイスと、スマホのアプリの2通りがありますが、スマホで設定している場合には注意が必要です。

 

Security Code(セキュリティー・コード)

セキュリティー・コードがなくても、Log on(ログオン)自体は可能です。

しかし、2018年4月よりSecurity Codeを使用しない状態でLog onすると投資商品などに制限がかかります。

株式の取引などはSecurity Codeを使ってのLog onが必須です。

 

現在は、下記の2通りの方法があります。①物理的なデバイスと、②スマホのアプリです。

 

①Security Device(セキュリティ・デバイス)

これでやっている方もいると思います。

 

②Mobile Security Key(モバイル・セキュリティ・キー)

HSBC HK」アプリから、セキュリティー・コードを生成するものです。

一度こちらを設定すると、①は使えなくなります。

 

私はこれを使っていました。快適です。

 

機種変更時(iOS;おそらくAndroidも一緒)

バックアップを復元直後

iPhoneをiTunesにバックアップを行い、そこから復元しました。

HSBC HKのアプリも、そのログイン情報も地味に復元されます。

こんな画面が出ます。

しかし、この復元して地味に自分のアカウント情報が残っている状態(「Hi, TOM」とあいさつされている状態)でMobile Security Keyを新しいデバイスに移動させようとすると、失敗します

下に「Forgotten Mobile Security Key Password?」から、再設定し直そうとしても失敗します。

失敗が続くと香港への電話が必要になると思えば慎重になってしまいますよね。

 

なので私は一度アプリを削除してから、再度ダウンロードしなおしました。

ぜひとも同様にされることをお勧めします。

 

アプリを削除後に再度ダウンロードしてからの登録

まず、こちらからアプリを再ダウンロードします。(Androidの方はこちら

 

ダウンロードし直したアプリを開きます。

※その際に「今までの情報を復元するか?」と聞かれるので、「NO」としてください。

 

このように「Good afternoon」と挨拶されている状態で、自分のUsernameを入力します。

秘密の質問が現れますので、香港現地で登録したものを入力してください。

 

その次に、パスワードの3文字だけを入力する画面になりますが、それは無視してWith security device」をタップします。

「Please enter security code」と表示されるので、次は今まで使っていたiPhoneでこれまで通りセキュリティー・コードを生成して、それを新しいiPhoneで入力します。

 

こちらの画面で、Mobile Security Keyについて表示されます。他のデバイスでMobile Security KeyがActiveになってるけどどうする?と表示されます。

下の「Switch to this device」をタップします。

次の画面でSMS認証に入ります。「Send me the code」を押すとSMSでコードが送られてくるので、それを入力して、「Continue」。

そして、新しいMobile Security Key Passwordを作ることとなります。

6~9文字のアルファベットと数字を設定してください。必ずメモして残しておくこと

 

この画面が表示されたら完了です。

 

注意点

ここで、一つ思う人もいると思います。

上記の作業で前のスマホがなかった場合、どうするの?と。

 

ここで前提として、

Mobile Security Keyを設定した時点で、Security Deviceは使えません

 

やってみてもらうとわかりますが、スマホでMobile Security Keyを設定した後に、Log onの際にでもSecurity Deviceで生成したセキュリティー・コードを入力してみてください。使えないはずです。

 

ということは、

新しいスマホと古いスマホの両方がある状態でアプリの移行を行う必要があります。

機種変更するときに、何も考えずにホイホイ下取りに出すのはやめた方がいいです。

 

まとめ

上記のように、機種変更時には手元に前のスマホがある状態で行いましょう。

 

英語か中国語、広東語で詳しいことが知りたい方はこちらからどうぞ。

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク

HSBC香港HSBC