Interactive BrokersとCitibank USのACH設定完了!!

2018-9-13Interactive Brokers, Citibank USInteractive Brokers, Citibank USA, ACH

スポンサーリンク

3月より試みていたCitibankとInteractive Brokers、FirstradeとのACH送金設定が両方とも完了しました。

FIrstradeについては、先日問題なく完了しています。

この度は、Interactive BrokersとのACH設定が完了したので報告します☆

 

ACHについてはこちら

 

Interactive BrokersからのACH設定方法

Interactive Brokers側から申し込めます。

上記のように「Account Management」の画面から、

Transfer & Pay」⇒「Transfer Funds」といくと、上記の画面になります。

Deposit」で、Methodを「ACH Initiated at Broker」を選びます。証券会社主導のACH送金という意味ですね。

項目 入力例
Bank Information Name Citibank N.A.
Bank Country United States
Bank Account Type checking
Bank Account Number [自分の口座番号]

という具合に入力します。

確認画面が出て来て、再度自分のuser IDなどを入力すると、アプリを使った認証を行わなければなりません。

上記の「Challeng Code」の横に書いてある6桁の数字を、アプリ「IB Key」を起動して「Authentication」を押して、その後の画面に入力すると「Passcode」が表示されるので、それを上記の一番下の枠に入力します。

こんな感じで表示されたら申し込みは終了。

ただ、実はもう一つ作業があります。それは、Interactive Brokersから少額の入金が銀行口座に2件されます。

その額を確認して、Interactive Brokersの「Account Management」で入力するという作業が必要となります。

私はまだCitibankのInternet Bankingができないので、金額を確認できませんでした。この度、Citibankから毎月郵送されてくるMonthly Statementが届いたので、その額の確認ができました。

ちなみに、こんな感じで届きます⇓

2件の入金があり、すぐにその合計額が回収されます。

 

さて、Pending状態からのやり方です。

Pending Items」をクリックすると、

このように2つの額を入力する画面になります。そこで、入金された額を2つ入力して、「VERIFY」と押すと、

このように、一瞬で完了します!!

 

これでやっと

CItibank USに口座開設を行った意義がかなり出てきました。

現時点でのアメリカの証券会社への送金は、

Transferwise

Citibank N.A. (USA)

Interactive Brokers      or     Firstrade

という流れです!!最安で送金可能です☆

ただ、三菱UFJ銀行から紹介してもらえるUnion BankでもInteractive Brokers、FirstradeともにACH設定が可能とのことなので、その方が費用は安く済みます。なんせアメリカに行かなくていいんですから!!

Citibankからは相変わらずATMカードが送られてきません。再度手紙を出してみます。

(この、手紙でないと連絡が取りにくいという原始的なところもどうかと思います)

 

※後日、無事Citibankのインターネットバンキングが使えるようになりましたが、10か月後のことでした。

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク