【Monex BOOM】スマホ機種変更時・紛失時のTwo-Factor-Authenticator(2FA)の対処

Monex BoomBOOM

スポンサーリンク

こんにちは。

iPhone XSを買ってしまったために、さまざまな機種変更手続きをしなければいけなくなりました。


今回は、Monex BOOM Securitiesの口座を持っている方が機種変更をされる際のこと、スマホを紛失してしまった時のことを紹介します。

 

Monex BOOM Securities

Monex BOOMは香港のオンライン証券会社で、1つの口座で6通貨、12の国の株式市場にアクセス可能です。

その他、香港先物や信用取引、香港株・米国株のMonthly Stocks Savings Planという定額株積立などが利用できます。

日本でも持っている方も多いと思います。

 

口座開設についてはこちらの記事を参照してください。

 

Two-Factor Authentication(2FA)

2018年4月12日から、ログイン時などに2段階認証(2FA;Two-factor Authentication)が必須となりました。

 

持っていない方はまず、こちらから「MONEX BOOM Authenticator」アプリをダウンロードしてください。

詳しい設定方法については、こちらの記事を参照してください。

 

いろいろな操作方法については、英語版のユーザーガイドがありますので、英語が大丈夫な人、または絵でなんとなく流れが読める人はこちらもどうぞ。

 

スマホ機種変更時

iOS(iPhone)の場合

iOSのバックアップで、データが自動的に引き継がれます。

私の場合はiPhone 7の情報をすべてiTunesでバックアップしましたので、何もすることはありませんでした。

 

Androidの場合

データは自動的には引き継がれません。操作が必要です。

サイトにログインして、右上の「Funds & Account」のなかで、異様な主張をしている「Two-factor Authentication(2FA)」をクリックします。

 

すると、「Request to Reset 2FA」と、リセットするための画面が出てきます。

Send Email」から、登録しているメールアドレスに、リンク入りのメールを送ってもらいます。ここをクリックするといままでのものが利用できなくなります。

そこのリンクを押し、下の画面で、

Step 3: Setup 2FA」を押します。

 

この画面が出てきますので、アプリがない人はダウンロードして再設定します。

 

スマホ紛失時

香港に電話しなければなりません。

 

上記のAndroidの時みたいにすればいいと思うでしょうが、まずログインができません。

ログイン時にOTP(One Time Password)が入力できないと、下記のようにしたのボタンを押すと思います。

 

しかし、この次の画面はこれです。

①電話しろ。
②「Code:●●●●」をオペレーターに伝えろ。
③オペレーターから伝えられた「Temporary OTP」を入力しろ。

となります。つまり、「MONEX BOOM Authenticator」をなくすとどちらにせよカスタマーサービスに電話しなければいけません。

 

カスタマーサービスはこちら。

Customer Service Hotline

(852)2255-888

月曜日から金曜日:9時~18時(香港時間)
※日本時間だと、10時から19時

英語か中国語(or広東語)が分からない場合は、絶対にスマホをなくさないようにしましょう。

 

まとめ

なくしてしまうと電話しなければならないので、2FAの入ったスマホは落とさないようにしましょう。

機種変更は、iPhoneの場合とAndroidの場合で異なります。

iPhoneだと引き継がれますが、Androidだとサイトから再設定する必要があります。

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク

Monex BoomBOOM