Firstrade (ファーストレード証券)DRIP設定方法

FirstradeFirstrade, 米国株, DRIP

スポンサーリンク

米国株投資を行っている投資家の方は、ご存知の方も多いと思われるDRIP。

今回はFirstrade証券でのDRIP設定方法を紹介します。

 

DRIP(株式再投資制度;Dividend Re-Investment Plan)とは

これは配当金として受け取ったものを、自動的に株式買付してくれる制度です。

もちろん、配当額に対して税金は引かれたあとに株式として付与されます。

税金を引かれたあとの額に対しては、日本で申告・納税する義務が生じます。

自動的に複利運用が出来るので、とても助かる制度ですね☆

 

日本の証券会社では、サクソバンク証券のみが対応しています。

 

FirstradeでのDRIP設定方法(全部 or 個別設定)

①一括で全てDRIPを設定する方法

こちらからログインします。

My Account」の「Positions」を選ぶと、下の赤枠のところに「Dividend Reinvestment Plan」と表示されるのでこれをクリック。

 

Option 1: Reinvest Dividends on all securities」の□にチェックを入れて、下の「Submit」でOKです。

完了。

 

②個別にDRIP設定する場合

こちらからログインします。

My Account」の「Positions」を選ぶと、下の赤枠のところに「Dividend Reinvestment Plan」と表示されるのでこれをクリック。

 

Option 2: Reinvest dividends on selected securities」の+ADDのところにSymbolSecurity Nameを入れて「Submit」でOKです。

私は、VOOしか購入していないので、

Symbol:VOO

Security Name:Vanguard S&P 500 ETF

と入力しました。

 

これで完了。

 

まとめ

Firstradeでは、株式、ETF、オプションなどの売買手数料が無料です。

そのうえ、米国の証券会社なので、上場銘柄すべてにアクセス可能であり、DRIPScrip Dividend(株式配当)にも対応しています。

日本の証券会社では出来ないような投資が格安で出来るので、興味ある方は是非使ってみてください☆

 

 

 

 

 

 

 

☆応援クリックお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookもやっています。いいね!シェアお願いします☆

スポンサーリンク